媚薬は、昔の時代からありました。なんだか、夢とロマンが詰まった代物…と考えてしまいますよね!ですが、現代で手に入る媚薬は夢物語的な媚薬ではなく性欲が薄い女性の為の薬として販売されています!媚薬について色々と紹介していきます

2017年01月の記事一覧

強壮剤や媚薬を診療所でもらうことができる

強壮剤は男性の性機能を高める成分が配合されたサプリメントなので、薬局などを利用しなくても手に入れることができます。一般的な成分はアルギニンを含んだマカなどが多いのですが、中には朝鮮人参などを含んでいるものもあります。効き目に関しては個人差があるので、判断をするのが難しいのですが、アルギニンというアミノ酸は、筋肉の疲労回復や成長ホルモンの分泌に効果があるとされていて、さらにペニスの血液量を増やす効果があるので、男性の性機能障害に一定の効果があるとされています。媚薬は女性の性欲を高めるために開発された薬で、昔から様々な薬の媚薬効果に対して論じられてきましたが、一番確実なのはオキシトシンという脳内化学物質であることが研究によって明らかにされています。このオキシトシンは自閉症の治療薬として認可されているので、診療所などでも処方してもらえますが、自閉症ではない人の場合は、インターネットなどでオキシトシンスプレーなどを手に入れるしか方法はありません。デートの時に体にスプレーすることで、女性の母性本能を高めることができるとされていますが、時間や気象条件などによっても効き目が異なるので、すべての人が女性と親密な関係になるとは限りません。またオキシトシンは何もしなくても体から分泌されているので、親しいパートナーと暮らしている人は十分に分泌されています。パートナーを持たない人は、犬などのペットを飼うことでオキシトシンを分泌させることができます。女性との関係を深めるためには、オキシトシンなどを使うと同時に、コミュニケーションスキルを高めることが大切で、デートの時に会話が途切れてしまいがちな人は、話題を事前に用意しておくことが肝心です。

続きを読む