媚薬は、昔の時代からありました。なんだか、夢とロマンが詰まった代物…と考えてしまいますよね!ですが、現代で手に入る媚薬は夢物語的な媚薬ではなく性欲が薄い女性の為の薬として販売されています!媚薬について色々と紹介していきます

2016年12月の記事一覧

媚薬の効き目と夫の手術によるセックスレス

夫が前立腺などの手術を行うと長期間セックスレスの状態が続いてしまいます。中高年の場合は、セックスをしていない状態が長く続いてしまうと、そのままセックスをしなくなる傾向にあります。男性の場合は、死ぬまで性欲がありますが、女性の場合は、ホルモンバランスの変化によって、子供を産む機能が低下することで、性欲が低下してしまいます。しかし良好な夫婦関係を保つためには会話だけでなく、身体的な接触も非常に重要なので、お互いに性欲を高めるための努力をし続けなければなりません。男性の場合は、生活習慣病や動脈硬化がEDの主な原因なので、健康的な生活をおくり、筋力の低下を防ぐことで、性欲を維持することができます。女性の場合は、比較的年齢が若い場合には、ホルモンバランスを整えることで、性欲を保つことができます。また下半身の血流を良くすることで性欲が増すので、筋肉を鍛えたり、冷え性を改善させるなどの努力を必要とします。媚薬は多くの場合は、覚醒作用のあるカフェインやガラナ、アルギニンなどで作られていますが、オキシトシンという脳内化学物質を配合したスプレーなども人気となっています。自閉症の治療に効果があるとして、点鼻薬が認可されていますが、女性の性欲を高めたり、親密な関係を気付きやすくなるなどの効果に関しては、現在でも研究が進められている状態です。オキシトシンは、母性本能を呼び覚ます成分とされているので、首筋などにスプレーしておくと、意中の女性にやさしくしてもらえる可能性もあります。しかしそれがオキシトシンスプレーの効果なのか調べる方法はないので、デートが円滑に進んだ場合には、この媚薬によるものだと思い込むことで、自信を持つことができます。

続きを読む