媚薬は、昔の時代からありました。なんだか、夢とロマンが詰まった代物…と考えてしまいますよね!ですが、現代で手に入る媚薬は夢物語的な媚薬ではなく性欲が薄い女性の為の薬として販売されています!媚薬について色々と紹介していきます

媚薬が発覚しないようにする方法と意味

媚薬を上手に使うためには、コーヒーなどの苦味のある飲み物に入れるのが良いのですが、スプレータイプのオキシトシンなどを自分の体にスプレーするだけなので、発覚するおそれがありません。媚薬という言葉の意味は、女性の性欲を高めて、セックスをしやすくするというもので、夫婦間ではあまり使う必要はありませんが、女性と上手に接することが出来ない人の場合には、媚薬などで女性の気持ちを高揚させてスキンシップをすると効果的な場合もあります。カフェインやガラナなどにも媚薬と同じような効果があるとされていて、女性の性欲を高めるために利用されることもありますが、量が多すぎてしまうと、交感神経が刺激されてしまって、セックスに集中できなくなります。大切なのはパートナーに対する安心感や信頼感なので、あせらずにゆっくりとスキンシップをとる必要があります。覚せい剤などによって、理性を司る部分が麻痺してしまったり、ドーパミンという幸福を感じるホルモンが大量に分泌されると、性欲が高まりますが、依存性が非常に高くなって、薬なしではセックスができなくなります。男性は、媚薬などになるべく頼らずに会話やボディタッチ、その場の雰囲気などで親密度を高めなければならないので、最初からオキシトシンなどを使用するよりも自分の努力でなんとかする方法を考えなければなりません。中でも大切なのは、会話とされていて、途切れてしまうと相性が悪いと思われてしまうので、なるべく会話を途切れさせないようにコミュニケーションスキルを上げることが大切です。アメリカではコミュニケーション能力は一番大切なスキルとされていて、恋人や夫婦、友達とのつきあいを成功させるためには重要な技術です。